スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

お一人様

一人で初めて行く店に行くと、”お勧めは何ですか?”と聞きます。
大体帰ってくるのは”全部”、そこで失敗したなあと思ってしまいます。

全部を売りたいのは分かるけど、自分の好きなものとか、注釈入れて勧めてくれればいいのに答えが出ないのは、店の人が商品を知らないって事でしょ?
そんなところでサービスを受けても、面白くないでしょう?
知っていれば、あのメニューは味が濃い目だから、お冷に注意しようとか、辛いものだから、汗拭き用意したほうがいいとか、初めてのお客でも、気遣う事が出来ると思います。

自分が店をやっていた時は、自分の好みと、店での人気、冗談の分かりそうな人ならその店での一番高額なもので、お客とお話を楽しんでいました。



スポンサーサイト
寄り道 | コメント(0) | トラックバック(0) | 2012/08/04 13:09

来来亭

近所の通り道に、来来亭ができた。
それまでそのチェーンの存在を知らなかった私は気になっていたのだが、入る機会があったので行ってみた。
品揃えを見ると、ラーメン類の他に、餃子、チャーハンやチャーシュー丼などのアレンジライスがあった。

濃さや、こってり度、麺の固さ等を選べるようになっていて、好みに合わせられる。
知り合いと入ったので、初回はお勧めのこってり、濃い目の大盛り、餃子、ライスのセットで注文。
しばらくすると注文の品が到着、表面には、背油が粒々で浮いている。
青葱が中央に盛られ、周りにチャーシューやメンマが盛られて、中々のボリューム、豚骨大好きな私は一目で綻んでしまった。
基本鶏がらスープで、豚骨の濃厚な旨みがあるブレンドになっていると思われる。
お味のほうは、美味しい、チェーン店ではTOPクラスの出来だと思う(豚骨贔屓を加味して皆さんは考えて下さい)半熟卵もしかりと味が染みており、豚骨の力強さに負けていない、チャーシューは厚めでも柔らかく、肉感を楽しめる、麺は細めのストレート、縮れ麺だと余計な油を巻き込む可能性があるのでいい選択だと思います。

一口スープをすすり、おろしにんにく投入、今後の臭いを気にせず豪快に^^
一口麺を食べると、連れは辛子味噌を入れているので、私もそれに習った、じわじわと辛味がこみ上げ、これもまた美味しいが熱い、こってりなので余計に冷めない^^;
苦悩しながら4分の一ほど食べたところで餃子とライスの登場。
餃子は、皮は薄め?うっすらと中が見える、野菜が一杯で野菜のやさしい甘さが心地よい仕上がり、ライスは普通の茶碗でちょい山盛りで肉体派寄りのSETになるかな、たとえ少しでも山盛りは気分がいい、大盛りのSETはこうでなくちゃ^^
ラーメンを少し冷ますつもりで、餃子とライスへ。
ご機嫌で、ライスと餃子を頬張る、口に運ぶような上品な事せず、頬張る!掻きこむ!詰め込む!
某国の有名掃除機のような変わらない吸引力で餃子ライスを平らげ、ラーメンに戻ると火傷するほどじゃないけどまだ熱い、さすがこってり、話もせず食べ続け最後に、氷でキンキンのお冷で締めくくる。

ごちそうさま!うまかった。
ラーメン食べたいと思ったら来たいと思うお店でした。
寄り道 | コメント(0) | トラックバック(1) | 2012/06/18 12:48

うどん

用事で清瀬にいく事がありました。
知り合いのところで用事を済ませていると、昼食を食べに行く事になり、近所のうどん屋へ

蕎麦よりうどんが好きな自分は、不可もなく同意して店内へ
カウンターのみ、8席ぐらいの小さなお店、水道道沿いの郊外で駐車場も無く近所には中華屋、焼肉チェーン、牛丼チェーン、とファミレスが各店づつあるだけで、ちょっと寂しい感じ、ご飯時にめがけて来る所には思えないので、近所の人がメインになると思います。

どんなものが良いか分からないので、知り合いにめにゅーを一任、野菜かき揚と卵の天麩羅、うどんと田舎うどんの盛り合わせ、運転も無かったのでビールが注文された。
しばらくすると、入り口に人だかりが出来、表には10人ほど待っている盛況ぶり、こんな場所で待ちが出るとは思わなかったので、隠れた名店に違いないと確信

暫くするとビールと天麩羅がきた、天つゆは無くカウンターを見ると、塩、七味、カレー塩?が、珍しいものがあると感心していると、知り合いがお勧めはカレー塩と教えてくれた。
まずは卵天、ゆで卵を天麩羅にしてあり、中は半熟衣はサクッとしていて、ほのかなスパイスの香りが丁度いい。
旨かった。
次はかき揚、衣はサックリ、野菜はホクホク、かき揚の中ほどもべチャッとしていなくて、うどん屋の天麩羅と思えない美味しさ♪ビールも進む、おつまみにも最高!

自然と顔がほころび、談笑していると、メインのうどんの登場!
うどんはうどんなのに、盛り合わせって何か分からなかったが、出てきたものは、グレーのうどんと見慣れた白いうどん、白いのは店主厳選の小麦粉でその日に製麺されたうどん、グレーのも店主厳選だけど、全粒粉で製麺したためにグレーになるとのこと、食べなれた白いほうから一口、讃岐うどんのように、すごい歯ごたえ、ムチムチと心地よく、小麦の香りが口の中に広がる、喉漉しもチュルンと気持ちよい、美味しい、すごく美味しい、自分の家の近所にもちょっと有名なうどん屋があるけど、比べ物にならない。
グレーの方は・・・こちらも歯ごたえがすごい、麺にコシがあり、ブツッブツッと噛み切れ、小麦の香りが一層広がる、駆け巡る!うまい、すごい美味しい。
つゆはかつお出汁ベースのスタンダードなものだけど、かつおの香りがすごい!、臭いわけでなく、鰹節の香ばしい香りがしっかりと口の中人に残る、小麦の香りに負けず協調して邪魔にならない。
市販の追い鰹の出汁でもへぇ~と思ったが、これは格が違う、このバランスが悪いと、癖が気になり飽きるのかな?、そんな事を思いました。

営業時間は、11時半頃から15時位までの、売り切り御免のお店
表現って難しいですね、自分なりに感動を書こうにも、物を知らなさ過ぎる。
でも、漫画に出るような情景は少し分かった気がします。

得意になって紹介できるお店です。
マジ旨かった、是非機会作って行きたいです。



寄り道 | コメント(0) | トラックバック(1) | 2012/06/12 11:12
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。