スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

珍客

ある日の事でした、営業時間も終わりに近づき、タオルや布巾を洗濯しに表へ出ると、ピンポン玉ぐらいの物体が一つ、羽音を立てて自分に向かってきた。

辺りは暗く、視認してからなので反応が間に合わず直撃
飲食店の天敵がやってきたかと、戦闘態勢をとりつつ、UMOの影を求め見回す。

壁や床には姿は無い・・・狭い所に紛れたかと思い、店内に入り扉を閉めようとすると、自分のいたところに黒い物体が残っている。

探す手間が省けたと、近寄って見ると、クワガタが裏返しになってもがいている。
緊張が解け拾い上げると、黒っぽい茶色で個体には詳しくないけど、独特のフォルムを持つ頭部、一目でミヤマクワガタと分かりました。
田舎町に住んでいたころでも2,3度位しかお目にかからないレアものなのだが、自分の知っているものよりはるかに小さく、少しかわいそう。
東京でも、こんな虫が居る事が分かり、面白かったです。

後日、常連に話してみると近所の屋敷の納屋の脇に枯葉が堆積してあり、そこから毎年近所へ飛び回るのだそうだ。
その常連も、捕まえに近所の公園に行き、つがいで確保し、産卵した卵をそこへ持って行っていると言っていた。

この年はこの1匹だけだったが、翌年が楽しみになりました。
未分類 | コメント(0) | トラックバック(1) | 2012/05/31 14:44
コメント

管理者のみに表示
トラックバック
ある日の事でした、営業時間も終わりに近づき、タオルや布巾を洗濯しに表へ出ると、ピンポン玉ぐらいの物体が一つ、羽音を立てて自分に向かってきた。辺りは暗く、視認してからなの...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。